レンタルはお得なのか考えよう

>

絶対に汚したり壊したりしないこと

弁償しなければいけないケース

不注意で、借りている服を汚してしまうかもしれません。
洗濯すれば落ちる汚れなら大丈夫ですが、洗っても落ちないシミをつけることがあります。
その場合は弁償する決まりになっているので、服を丁寧に扱ってください。
神経質になりすぎるのはいけませんが、汚れている服を平気で返却することはやめましょう。

服を汚したり壊したりした際の、罰金が決まっている業者も見られます。
どのくらいの金額を支払うのか、サービスを利用する前に調べておくといいですね。
子供がいる家庭は、子供が服を汚すことが多いです。
どんな理由であれ、服を汚したら罰金を支払わなければいけないことを理解してください。
子供にも汚さないよう、しっかり言い聞かせましょう。

ブランドが制限される可能性

サービスを利用する時は、最初にプランを選択します。
プラン内容を確認してから、自分に合うものを選択してください。
費用削減を意識するなら、最も安いプランを選択するのがおすすめです。
それでも毎月、3着から5着ほどの服を借りることができます。
しかし借りられる服のブランドが、制限されるかもしれません。
高級なブランドの服は借りられなくなることが多いです。

自分が借りたいブランドの服が借りられないと、残念ですよね。
プランのランクを上げると、制限がなくなります。
しかし毎月の出費が増えるので、経済的とは言えません。
サービスを利用する前に、何を優先するのか決めてください。
費用を優先するのであれば、ブランドは諦めましょう。


このコラムをシェアする